廚 otona くろぎ

starstarstarstarstar_border
5則評論
  • 店家介紹
  • 交通方式
  • 店家照片
  • 評價心得
店家介紹
料亭くろぎ先是請來建築大師隈研吾,在東京大學校園內開設了獨特的和 菓 子店,以日式料亭的料理手法製作頂級甜品,精緻成熟的風味蔚為話題。2017年11月隨著上野全新商業設施「PARCO_ya」開幕,也進駐開設了全新店舖,同樣由隈研吾設計,風格成熟,提供自江戶時代延續至今的精緻傳統刨冰等日式甜點。
營業時間
星期一: 10:00 – 20:00
星期二: 10:00 – 20:00
星期三: 10:00 – 20:00
星期四: 10:00 – 20:00
星期五: 10:00 – 00:00
星期六: 10:00 – 00:00
星期日: 10:00 – 20:00
公休日
依PARCO_ya為準
網路資訊
分 類
住宿 keyboard_arrow_right 麵包烘焙 keyboard_arrow_right 日式點心
聯絡電話
+81 3-6284-2796
地 址

台東区上野 3-24-6 パルコヤ 1F

交通方式
東京METRO「上野広小路」站A1出口即達

店家照片

評價心得 sort 評分排序:

玩家評論
玩家評論
starstarstarstarstar
2020-07-02

特殊的空間感搭配特殊的和果子,奇妙的感官體驗!

玩家評論
玩家評論
starstarstarstarstar_border
2020-07-02

大人の為の贅沢なカキ氷が食べられる甘味処『厨 oton くろぎ』 和の素材にこだわり作られた贅沢で繊細... なカキ氷が味わえる上野御徒町にあるお店『廚 otona くろぎ』に行って来ました。 上野御徒町のパルコヤ一階にある甘味処で、日本料理店の名店『くろぎ』のオーナーシェフが、和の食材にこだわり考えられたパフェやわらび餅、カキ氷などの大人が楽しめる甘味が味わえるお店でお値段は正直全体的にお高め価格です。 暑かったので贅沢カキ氷を注文、『廚 otona くろぎ』の定番は黒みつクリームに粒餡に柔らかく削った氷の組み合わせの『カキ氷 黒みつきな粉』(1,650円)ですが、今回は季節限定の『カキ氷 青梅みるく』(2,450円)を注文しました。 登場した『カキ氷 青梅みるく』果肉たっぷりの梅のソースと自家製のクリームチーズと濃厚ミルクがかかったボリューム満点の贅沢カキ氷、氷はフワフワで柔らかく甘酸っぱい梅のソースと相性抜群でした。 意外に甘めのクリームチーズと甘酸っぱい梅の相性が良く新しい発見でした。 店内は黒を基調にした落ち着いた雰囲気でメチャお洒落でデートなどにはピッタリです。天井や個室スペースに使われたすだれや、質感のある和紙を使った壁紙がスタイリッシュな和の雰囲気を生み出していました。 正直、カキ氷一個2,450円はお高いので頻繁には食べられませんが、夏本番の暑い日に少し贅沢して絶品のカキ氷が食べたい時にオススメなお店です。

玩家評論
玩家評論
starstarstarstar_borderstar_border
2020-07-02

自粛要請解除後でしたが、少し待ってからの案内に。静かで落ち着く店内。 量が多く食べ切れないのでランチ抜き... で行くべきでした。 カキ氷とわらび餅をオーダー。 わらび餅はお店によるのでしょうが、好みでは無かったな。

玩家評論
玩家評論
starstarstarstarstar
2020-07-02

美味しかった!! 大きなかき氷だけど、ペロッといけました。 だんだん溶けて下のほうにいっても飽きないよう... な工夫もされていて大満足でした。 落ち着いた雰囲気で1人でも入りやすいです。

玩家評論
玩家評論
starstarstarstarstar_border
2020-07-02

最高に美味しいかき氷、そして最高に高価なかき氷! かき氷だけで2000円の大台を超えて来ます、普通なら話... 題作りと思って一度食べれば結構でしょう。しかし、くろぎのかき氷は違う!この値段でもね、しっかりとまた食べたくなるんです。一人前のボリュームがそもそも凄過ぎる、男一人じゃ食べ切るのが無理なので中々行けない。が!やんごとなきマダムが涼しい顔して食べ切っていてガチで驚く(頼む、俺のも半分食ってくれ!)。 数食べた中でもお勧めを言ってしまうと、カマンベールチーズをベースに使用した何かしらの餡のかき氷!これ一択です!黒蜜など和の甘味など他は私には普通過ぎて不要です、此処で食べるには勿体無い。カマンベールかき氷の為にくろぎに行くと言っても過言では無いでしょう。(くろぎのシェフがコメントを見て下さるなら、カマンベールのかき氷には必ずビスケットを中に仕込んで下さいね!あれがあるのと無いのでは美味しさのアクセントが変わりますよ!) ただ、苦言も3つ… ①季節のかき氷がコロコロ変わるのに知る手段が少ないのは何とかならないのか。SNSも中途半端なので、食べたいかき氷が無い場合も多々有り、気軽に「じゃあ、折角来たんだし他のを食べて行くか!」という様な優しい価格設定では決して無い為、ピンポイントに食べたい物を食べに行か無ければならず、ホームページか何かしっかりと作って現時点の御品書きを分かり易く告知して欲しい。 ②席の居心地の悪さ何とかならないのか…入り口付近の席は椅子もテーブルが低過ぎ、眼科の待合室じゃないんだから。腰は痛くなるわ、かがみ込んでかき氷をすするものなら、とんがった口の情けない横顔をPARCOの洒落たブティックで買い物する客に晒さなければならない。女性の一人客なら致命的、もっと周りを気にせず過ごしたいし、高級甘味処にしては機能性が悪過ぎる。そして、前にお気に入りだったプライベート席。カーテンの仕切りがバッサリ切られ、席数増やしたいのは分かるが、初期のくろぎの高級感を助長していたのは、紛れもなくあの黒いカーテンだった! ③自分の結婚前夜に友達と「独身最後にかき氷食うべ!」と、電話で営業時間確認して予約も要らないと言うので意気揚々と行ったが、電車が事故で止まり走って時間ギリギリ間に合って駆け込んだが、L.O過ぎてて無理だと言われ、意気消沈して独身最後にかき氷食えなかった悲しさは今でも泣ける、閉店時間じゃなくL.Oの時間で伝えてくれ!それは良いとして、未だに謎なのが珈琲を頼むと付いて来る落雁?砂糖?…あれはコーヒーシュガーなのか、珈琲に合わせる和菓子なのか…。叔母は砂糖だと言い張り珈琲にポチャンしたが、私はいつも齧りながら珈琲を飲んでいる。

附近推薦

相似店家